★ Let's become a Web Designer! 【プロフィール】 【商品一覧】 【よくある質問】 【お問い合わせ】
 

Webデザイナーの年収って実際どうなの?

 
ホーム はじめに 講座の効果 作成実績 受講者の声 パーツ集 スマホサイト作成 作成ソフトの選び方 作成ソフトの比較
 
 
 
 
 
 
  トップページ > ホームページを作る前に知っておきたいこと
 

Webデザイナーの年収って実際どうなの?【収入アップの方法】

「ぶっちゃけ、Webデザイナーの年収って実際いくらなの?」と思われたことはありませんか?

ここでは、Web制作会社に勤務しているWebデザイナーの年収や、フリーランスのWebデザイナーの年収について、お伝えします。

Webデザイナーの年収って実際どうなの?


なお、この文章を書いている私は、24歳のときに独学でホームページの作り方を覚えて、26歳のときに、フリーランスのWebデザイナーとして独立をしました。

そして、28歳のときには、月250万円の収入を得られるようになっています。


このような経験から、Webデザイナーが得られる年収についてお伝えするので、良かったら参考にしてくださいね!



【目次】Webデザイナーの年収って実際どうなの?

 
  • Webデザイナーの平均年収はいくら?
  • Webデザイナーの初任給はいくら?
  • 「月給」の表示に惑わされないこと!
  • 給料というのは、なかなか上がらない・・・
  • フリーランスのWebデザイナーの収入は?
  • Webデザイナーになって、収入をアップさせる方法
  • 「Webデザイナーの年収って実際どうなの?」のまとめ

 

Webデザイナーの平均年収はいくら?

まず、Web制作会社で働く、Webデザイナーの年収は、平均で360万円くらいと言われています。

日本人の平均年収が、410万円くらいと言われているので、Webデザイナーの年収はかなり安く見えますね。


ただ、これにはカラクリがあって、Webデザイナーの年齢層が若いためです。

Webデザイナーとして仕事をしている人は、若い人(20代から30代)が多くて、実際に、Web制作会社の平均年齢が20代の会社もあるくらいです。


Webデザイナーの平均年齢が若いために、Webデザイナーの平均年収も、一般的な年収よりも低くなっている(低く見える)ということですね。

Webデザイナーの平均年収




Webデザイナーの初任給はいくら?

Webデザイナーの初任給は、だいたい22万円くらいです。

もちろん、勤務する会社によって、初任給は異なりますけど、だいたいこれくらいの金額が平均的になります。


そのため、Webデザイナーの初年度の年収は、22万円×12ヵ月で、だいたい2,640,000円くらいです。

そこに、年2回のボーナス(22万円×2回)がプラスされると、2,640,000円+440,000円で、年収が3,080,000円になるという感じですね。



Webデザイナーの初年度の年収は、だいたい300万円前後

だから、Webデザイナーの初年度の年収は、だいたい300万円前後と考えて良いと思います。

私がサラリーマンとして仕事をした、初年度の年収も、だいたいこれくらいだったので、、、このくらいの金額が一般的なのかもしれませんね。

(「もっと欲しいなー」っとは思っていましたけど笑)

Webデザイナーの初任給




「月給」の表示に惑わされないこと!

Webデザイナーの求人情報を見てみると、給与の項目に、「月給20万円~50万円」と書かれているのを、よく見ます。

これを見ると、「月給50万円ももらえるんだ!」と思ってしまいますが、、、実際には、月給20万円です。

入社したばかりのときは、当然、一番安い給料から始まりますし、何十年(30年とか)も勤務して、ようやく月給50万円になるかどうか、、、というところですね。



月給50万円ももらっている人は、ほとんどいない

ちなみに、私がサラリーマン時代に、社員の給料を調査した(「先輩!給料いくらですか!?」と聞いた笑)のですが、、、 月給50万円ももらっている人は、ほとんどいませんでした。

本当にトップの人だと、月給50万円を超えている人もいましたけど、従業員が30人くらいの会社だと、ほとんどの人が月給50万円以下でした。



月給の表示は、一番安い金額が、実際にもらえる金額です

だから、求人情報の給料の項目に、「月給20万円~50万円」と書くのは、ウソではないのですが、、、 一番高い金額を給料としてもらえることは、ほとんどないということです。

「月給20万円~50万円」と書かれているのを見て、「月給50万円ももらえるんだ!」と思うのではなく、「月給20万円ね」と思うようにしましょう。

Webデザイナーの実際の月給




給料というのは、なかなか上がらない・・・

給料というのは、年齢が上がるにつれて、少しずつ上がっていくものです。

給料が少しずつでも上がっていかないと、社員のモチベーションにつながりませんし、 日本はまだまだ、「年功序列」の考え方があるので、年齢が上がれば、給料は少しずつ上がっていきます。


ただ、給料は少しずつは上がっていきますけど、給料が一気に上がることは、ほぼありません。

その理由は、一人の社員だけ、給料を一気に上げてしまうと、不公平感が出てしまい、他の社員のモチベーションが下がってしまうためです。



社長としては、給料はなかなか上げられない

これは、実際に会社を経営する方の立場になってみると、よく分かるのですが、、、

給料を上げたとしても、一時的に社員のモチベーションは上がるのですが、すぐに、その金額(給料)に慣れてしまうのですよね。


給料を上げたとしても、そもそも上限がないのですから、「もっと上げてほしい!」となり、キリがなくなってしまいます。

もちろん、給料をもっと上げてあげたいのですが、給料を上げると、その分、会社の固定費が重くのしかかってしまうので、 給料を上げるというのは、そんなに簡単にはできないものです。


ちなみに、営業職やトレーダーのように、成果に応じて給料が決まるような「歩合制」であれば、給料が一気に上がることはありますよ。

ただ、Webデザイナーの仕事は、「固定給」になるので、給料が一気に上がることは、ほぼないということです。



資格を取得したら、給料が上がる会社もある!

Webデザイナーの仕事で、給料が上がるとしたら、何か資格を取得したときです。

たとえば、「ウェブデザイン技能検定」や「Webクリエイター能力認定試験」などですね。

別に、資格を取得したからと言って、仕事が一気にできるようになるわけではないのですが、何か資格を取得したら、 月給が3,000円~5,000円アップする会社は多いと思います。


なぜ、資格を取得したら、給料が上がる会社が多いのかというと、社員の自主的な勉強(スキルアップ)につながるからです。

また、「資格を取得した」というのは、明確な結果(成果)として、客観的に分かりやすいので、給料を上げやすいからです。


特に理由もなく、給料を上げることはなかなかできないのですが、「資格の取得」というのは、成果として分かりやすいために、 資格を取得したら、給料を少し上げる会社は多いということです。

実際に、Webデザイナーの求人情報を見ると、給料の項目に、「経験・スキルに応じて決定いたします」と書かれていることもありますからね。



結論として、給料はなかなか上がらない!

Webデザイナーの仕事は、何か資格を取得したら、給料が上がることはありますし、本当に仕事ができる人で、 どんどん結果を出している人であれば、給料は上がっていくはずです。

ただ、このような明確な成果(結果)がなければ、「固定給」である以上、なかなか給料は上がっていきません。


サラリーマンというのは、現実的に、なかなか給料が上がっていかないものなので、、、これについては、仕方がないことなのかもしれませんね。

Webデザイナーは給料がなかなか上がらない




フリーランスのWebデザイナーの収入は?

Web制作会社の従業員として働いた場合、給料は「固定給」になりますけど、 フリーランスのWebデザイナーとして仕事をすれば、給料は完全に、「歩合制」になります。

「歩合制」というよりも、フリーランスの場合は、自分でお金を稼がなければ、お金は入ってこないということですね。


毎月決まった給料を得られるわけではないので、とにかく自分で稼いでいく必要があるということです。

ただその分、入ってくるお金は全部もらうことができるので、青天井で収入を得られるチャンスがあるのも、フリーランスの大きな特徴です。



私が独立したときの収入を公開

フリーランスのWebデザイナーが得られる収入は、人によって全然違います。 実際に、月給1万円くらいの人もいれば、月給70万円くらいもらっている人もいます。

フリーランスは、毎月決まったお金が入ってくるわけではないので、「このくらいの収入を得られます」という基準が、ないのですよね。


そこで、参考程度に、私が実際にフリーランスのWebデザイナーとして独立したときの収入を公開すると、まず初年度の収入は、1年間で30万円くらいでした。

月給ではなくて、「年収30万円」ですよ。

当然、この収入では生活できなかったので、貯金を切り崩しながら生活していましたし、とにかくお金がなかったので、アルバイトもしました。


ちなみに、税金というのは、「次の年」に払うものです。

そのため、サラリーマン時代に稼いだ金額の税金は、独立した年に払うことになり、 入ってくるお金がないのに、税金は払わなければいけなくて、、、本当に苦しみました。

独立した直後は、入ってくるお金がないのに、出ていくお金はたくさんあるので、このことを知っておいてくださいね。



2年目の年収は134万円

フリーランスとして独立した年は、ほとんど収入を得ることはできませんでしたが、2年目になると、少しずつ収入を得られるようになりました。

どのようにして、収入を得られるようになったかというと、他の人にホームページを作って提供する「ホームページ作成サービス」を始めたからです。


ホームページを作って提供すると、7万円から10万円くらいの収入を得られますし、ホームページの運用管理費を毎月3,600円もらっていました。

そのため、ホームページを作れば作るほど、毎月安定して得られる収入は増えていきましたよ。


そして、2年目の後半では、毎月15万円から20万円くらいの収入を得られるようになったので、これでなんとか、生活できるようになった感じですね。



3年目で、月250万円も稼げるようになった!

そして私は、ホームページ作成サービスを行いながら、ホームページの作り方を動画で伝えるサイト(当サイト)を作って、運営しました。

そして、このサイトの中で、ホームページのテンプレートを販売したり、会員制の講座の運営を始めました。


その結果、28歳のときに、月250万円も稼げるようになったのです。

年間の利益も、2,000万円を軽く超えていましたし、大きく飛躍した年になりました。


サラリーマンでは、とても稼ぐことができない金額を、フリーランスになったことで得ることができたので、 「フリーランスのWebデザイナーでも、これくらい稼ぐことができる」ということを、知っておいていただけたらと思います。

フリーランスのWebデザイナーで年収2000万円




Webデザイナーになって、収入をアップさせる方法

最後に、Webデザイナーになって、収入をアップさせる方法をご紹介します。


まず、Web制作会社に勤務しているWebデザイナーの場合、収入をアップさせるには、副業をやるしかないと思います。

その理由は、「固定給」の場合、給料が一気に上がることはないからです。

Web制作会社に勤務しているWebデザイナーが、収入をアップするためには、本業以外の収入源を持つしかありません。



Wedデザイナーが行える副業とは

そして、Webデザイナーが行える副業は、たくさんあります。

そもそも、ホームページを作ることができれば、インターネットを使った副業は、ほとんど行うことができますからね。

たとえば、他の人の商品を紹介する「アフィリエイト」や、ホームページを作って提供する「ホームページ作成サービス」、 あとは、ホームページに広告を掲載する「広告ビジネス」も、行うことができます。


私も、サラリーマン時代に、副業でアフィリエイトを始めましたよ。

最初は、あまり大きな収入は得られませんでしたが、「自分で商品を紹介して買ってもらう」という経験ができたことは、とても大きかったです。

自分で商品を作って販売するにしても、他の人の商品を紹介するにしても、結局は、買ってもらわなければ収入を得られないので、 リスクが無く収入を得られるアフィリエイトは、やはり、行った方が良い副業の1つです。


あとは、ホームページを作れるのですから、他の人にホームページを作って提供する「ホームページ作成サービス」は、絶対に行った方が良いですよね。

ホームページ作成サービスを1つのビジネスとして持っておいて、依頼がないときは、アフィリエイトサイトを作れば良いだけだからです。


アフィリエイトサイトは、ホームページ作成サービスの依頼を取るための「作成実績」になるため、この2つのビジネスは、同時に行った方が良いです。

私も、この2つのビジネスを同時に行っていましたし、相性もとても良いので、ホームページが作れるのであれば、ぜひやることをおすすめしますね。



フリーランスのWebデザイナーが収入をアップさせる方法

フリーランスのWebデザイナーの場合、とにかく自分で稼いでいかなければいけないので、 まずは、他の人にホームページを作って提供する「ホームページ作成サービス」は、絶対に行うようにしましょう。

ただ、「キレイなホームページが作れます」だけでは、依頼はなかなか取れないと思います。

そもそも、キレイなホームページが作れるWebデザイナーは、たくさんいますからね。


そこで、私の場合は、個人事業者や小企業を対象にした、「ある程度キレイで、ある程度結果ができるホームページを、安く速く提供する」という方向性で始めました。

たとえば、犬トリミング店 のようなホームページですね。


このホームページのように、ホームページのデザインを統一して、テーマカラーを変えるだけにすれば、5時間くらいでホームぺージを作ることができますし、その分、ホームページの値段を安くすることができます。

私の場合は、このやり方で、どんどん依頼を取ることができました。


そして、もう1つ重要なことは、「自分のサイトで結果を出すこと」です。

結局、ホームページを公開する目的は、商品の購入やサービスの申し込みにつなげることなので、 自分でホームページを作成して、たくさんのアクセスを得て、商品を紹介して、実際に買ってもらえるようになることが重要です。


正直言って、自分のサイトで結果を出せない人が、他の人のサイトを作ったとしても、結果は出せないと思います。

だから、まずは自分のサイトを作って、アクセスを得られるようにして、商品を購入してもらえるようにすることです。


そして、実際に結果を出していれば、他の人から、「私のホームページを作ってほしい!!」という依頼は、たくさんもらうことができますよ。

私も、動画で覚える無料ホームページ制作講座FX資産運用ブログ! を作って、たくさんのアクセスを得て、実際に商品の購入につながっているために、 ホームページ作成の依頼も取ることができています。


フリーランスのWebデザイナーとして、収入をアップさせるには、まずは、自分でサイトを作って、結果を出すことです。

キレイなサイトを作れるWebデザイナーよりも、収入を得られるホームページを作れるWebデザイナーの方が、 多くの人が求めている(ニーズがある)ので、まずは、自分のサイトで結果を出せるようにしていきましょう。

フリーランスのWebデザイナーに求められること




「Webデザイナーの年収って実際どうなの?」のまとめ

「Webデザイナーの年収って実際どうなの?」のコンテンツは、いかがでしたでしょうか?

Webデザイン業界は、若い人が多いため、他の業種に比べて、平均年収は低く見えてしまいますけど、年収は他の業種とほとんど変わらないと思います。

ただ、サラリーマンとして会社に勤務していると、なかなか給料は上がっていかないので、多くの収入を求めるのであれば、 別の収入源(副業)を持つしかないかもしれません。


そもそも、昔と違って、副業は後ろめたいものではなく、副業を政府が推奨しているような時代です。

特に、Webデザイナーのように、「ホームページを作れる」という能力を持っているのであれば、インターネットを使った副業は 絶対にやった方が良いですし、やらないと損だと思いますよ。

インターネットビジネスほど、経費をかけずに、大きな収入を得られる副業は、他にはないからです。


ただ、「キレイなホームページが作れるWebデザイナー」では、他の人との差別化ができない(埋もれてしまう)ので、 重要なことは、「収入を得られるホームページを作れるWebデザイナーになること」です。

そもそも、ホームページの目的は、商品の購入やサービスの申し込みにつなげることだからです。

商売をしている人が、本当に望んでいることは、キレイなホームページを持つことではなく、結果(効果)を得られる ホームページを持つことなので、Webデザイナー側も、「結果を得られるホームページを作れること」が、何よりも大切ということですね。


正直言って、キレイなホームページを作れるWebデザイナーは、世の中にたくさんいるのですが、 「収入を得られるホームページを作れるWebデザイナー」は、世の中にほとんどいません。

それだけ、貴重な存在ということですし、ニーズも莫大にあるので、Webデザイナーの人は、 「収入を得られるホームページを作れるようになること」を、やはり、追及していくべきだと思います。


なお、収入を得られるホームページを作るためには、次のようなことが必要になります。

・買ってもらえる商品を選ぶこと
・作成したページが検索エンジンの上位に表示されること(SEO対策)
・商品を買ってもらえる文章を書けること
・人が見やすい構成でホームページを作れること


見栄えの良いホームページを作れることは、もちろん大切です。

でも、ホームページ上で商品を買ってもらうためには、商品やタイトルの決め方、そして、 狙ったキーワードで上位表示させることや、人を惹きつける文章の書き方のほうが重要になります。

「収入を得られるホームページを作れるWebデザイナー」になるためには、このスキルを得ることが必要です。


なお、これらの能力を、初心者から学ぶことができるものが、「会員制サイドビジネス講座 ファーストクラス」です。

会員制サイドビジネス講座 ファーストクラス


初心者でもホームページが作れるようになり、そのホームページで収入を得られる方法をすべてお伝えしている講座になります。

実際に、この講座を受講して、たくさんの初心者の人が、ホームページを作れるようになり、そのホームページで収入を得られるようになっていますよ。


最後に、Webデザイナーという仕事は、自分の作ったものが世の中に残って、たくさんの人に見てもらうことができる、素晴らしい仕事です。

そして、人を感動させたり、人から「ありがとう!」と言ってもらえる、本当にやりがいのある仕事になります。


これほど素晴らしい仕事は、他にはほとんどないと思いますので、興味があったら、ぜひチャレンジしていきましょうね!

今回の情報が、あなたの今後において、少しでもお役に立てば、嬉しく思います。





【おすすめ外部コンテンツ】
 
会員制サイドビジネス講座
 
私がお金を稼ぐ理由 ~ お金を持ったときのメリット ~
 
インターネットで月20万円の収入を継続して稼ぐ方法
 
初心者用ホームページテンプレート
 

インターネットビジネスのすごさを認識してください
 
無料ホームページ制作講座の受講者の声
 
動画で覚える無料FX講座
 
ホームページが作れる能力は、最高の能力
 



当サイトで使用しているサンプルサイトを無料でダウンロード!

当サイトで使用しているサンプルサイトのデータを、無料でダウンロードできます。
サンプルサイトがあれば、さらにホームページの作り方が分かりやすくなりますよ!

当サイトで使用しているサンプルサイトの無料ダウンロードはこちら!



副業で月20万円の収入を、自宅の空いている時間で稼ぐための講座

インターネットを使ったサイドビジネス(副業)で、自宅にいながら、空いている時間で、月20万円の収入を得ていただくための方法 もお伝えしています。 これからは、「複数の収入源を持つこと」がとても大切なので、ぜひホームページで収入を得ていきましょう!

副業で自宅にいながら、収入を得るための講座はこちら!



 
今スタートできるサンプル
サイトを無料ダウンロード
 
サンプルサイトの無料ダウンロード
 
サイドビジネス講座
 
会員制サイドビジネス講座
 
初心者がホームページを自分で作れる能力を身につけて、 そのホームページをビジネスに活用する方法をお伝えする、会員制のサイドビジネス講座です。

この講座は、初心者がインターネットで収入を得られるようになることを目的として、運営しています。
 
 
 
HPテンプレート
 
自分で更新できる最短ホームページテンプレート
 
初心者が、簡単にホームページを作るための「ホームページテンプレート」です。

テンプレートと、たくさんのパーツ集をコピーして貼り付けるだけで、ホームページが完成する仕組みになっています。

さらに、テンプレートの使い方はすべて動画で解説しています。
 
基礎講座と用語集
 無料ホームページ作り方 ホームページ基礎講座
 無料ホームページ作り方 HPでよく使う用語集
 無料ホームページ作り方 HTMLタグの書き方
 無料ホームページ作り方 スタイルシートの書き方
 
ホームページ作成ソフト
 
レンタルサーバ
 
ワードプレス
 
インターネット副業
 
サイドビジネス・副業の始め方
 
初心者が、インターネットを使ったサイドビジネスで、自宅にいながら収入を得る方法を、すべて動画でお伝えするサイトです。

また、仕事ができるようになるノウハウや、「最高の成長法」などもお伝えしています。
 
 
メールマガジン
 無料ホームページ作り方 メールマガジンの登録
 
リンク
 
会社概要
 
特定商取引に基づく表記
 
個人情報保護ポリシー
 
お問い合わせ先
 
 
NPO法人の推薦状
 
NPO法人の推薦状

 
当サイトは、NPO法人「起業とキャリア支援センター」様からの推薦を受けて、運営しています。
 
トップページプロフィール特定商取引法に基づく表記取り扱い商品一覧よくある質問お問い合わせ
 
 
Copyright © 動画で覚える無料ホームページ制作講座 All rights reserved.
 
by おすすめ副業ランキングサイト
^